« 世界の携帯コンテンツ市場、2011年には1500億ドル規模へ―英予測 | Main | シルバー世代はガーデニングよりネット »

Sunday, February 04, 2007

掲示板やクチコミ・サイトを参考にする消費者は約4割

掲示板やクチコミ・サイトを参考にする消費者は約4割

2007/1/26

調査会社のインフォプラントが2006年10月に実施した「『クチコミ』に関する生活者調査」によると、 商品の購入やサービスの利用にあたって、「クチコミ情報を参考に比較・検討をよくする」と20.8%が答えた。「時々する」も含めると、3人に2人はクチコミを重視していることになる(図1)。

「価格.com」などの比較サイトや個人のブログの増加に伴い、ネット上でのクチコミが消費行動に与える影響に注目が集まっている。もちろん、商品購入などで参考にされるクチコミは、ネット上のものばかりでなく、家族や知人と直接会話するような時にも発生する。では、ネット上のクチコミは、リアル(実社会)のクチコミと比べてどの程度重視されるのか。それを尋ねた結果が図2だ。

この設問では、クチコミの情報源となり得る人やメディア(媒体)などを挙げて、回答者に誰から(どこ)のクチコミ情報を参考にするかを聞いている。「参考にする」という答が最も多かったのは、友人からのクチコミ(64.0%)。次いで家族(49.3%)だった。3番めに高い回答率となったのが「掲示板・クチコミサイト」(37.5%)で、これは「職場の人」(32.0%)や「店員・業者」(14.2%)よりも高い。このほかのネット関連の項目を見ると、「ブログ・SNS」は20.2%だった。

これは「参考にするクチコミ情報はどこからか」という設問の回答結果なので、そもそも「クチコミ情報」をあまり記載していない新聞や雑誌などの既存メディアは回答率が低くなった可能性はあるだろう。また、出典の公開データには含まれていなかったが、インターネットの利用度が増すと、クチコミの情報源としてのWebサイトの重要性が高まるといった相関関係もあるのかもしれない。いずれにしても、この調査結果が示す通り、個人が書き込んだネット上のクチコミ情報が消費者の購買行動に影響を与える存在になったことは確かだろう。

http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/databox/nmdb/070126_kuchikomi/

|

« 世界の携帯コンテンツ市場、2011年には1500億ドル規模へ―英予測 | Main | シルバー世代はガーデニングよりネット »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 掲示板やクチコミ・サイトを参考にする消費者は約4割:

« 世界の携帯コンテンツ市場、2011年には1500億ドル規模へ―英予測 | Main | シルバー世代はガーデニングよりネット »