« 勤務医の5割「職場辞めたい」 医労連が千人調査 | Main | スポーツは「みるもの」→「するもの」に  »

Friday, February 23, 2007

50―60代の4割が「ネット利用増える」と回答、若年層を上回る

50―60代の4割が「ネット利用増える」と回答、若年層を上回る

2007年02月23日

日経リサーチが行った、パソコンにおけるインターネット利用に関するアンケート調査によると、50歳―60歳代では今後のネット利用の機会が「増える」という回答が41.4%で、40歳代以下の各世代を上回った。特に旅行や交通機関のコンテンツに関心が高かった。

現在の平日1日あたりの平均インターネット利用時間は「10歳―20歳代」が2時間36分、「30歳―40歳代」で2時間24分、「50歳―60歳代」で2時間24分と世代間の差は見られなかったが、50歳―60歳代ではほかの世代に比べネット利用に積極的な傾向がみられた。

50歳―60歳代の人に、今後どのようなときにネットを利用するか尋ねたところ、男女とも「路線・交通手段の選択」「地図情報の収集」「旅行や鉄道の予約」が上位にあがった。これらは、ほかの世代に比べ利用意向が高かった。また50歳―60歳代の女性では「食品のショッピング」についても、ほかの世代の女性より関心が高かった。

一方、若年層で一般化している「オークション」や「掲示板、ブログ、SNSの閲覧」への関心は低く、平均を下回った。

調査は2006年11月30日―12月5日の期間、インターネット上で実施した。有効回答数は5128。性別の内訳は男性が54%、女性が46%。年代別の内訳は50―60歳代が30%、30歳―40歳代が40%、10歳―20歳代が30%。

http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/526479.html

|

« 勤務医の5割「職場辞めたい」 医労連が千人調査 | Main | スポーツは「みるもの」→「するもの」に  »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.