« 「もしもの離婚」女性の4割が備えあり | Main | “オトナの女”は義理チョコなんかに頼らない? »

Thursday, February 15, 2007

スポーツは「みるもの」→「するもの」に

スポーツは「みるもの」→「するもの」に 博報堂調べ

 スポーツは「Watch(視聴)」「Go(観戦)」から「Play(実施)」へ-。博報堂が平成18年11月、首都圏の男女361人を対象に実施した調査で、こんなスポーツ生活の実態が明らかになった。

 最近1年間で何らかのスポーツを実施したかという質問には76.9%が「した」と回答。8年前に比べて、約10ポイント上昇した。視聴は88.9%、観戦は26.1%と、いずれも8年前に比べて減少傾向が続いており、スポーツが「みるもの」から「するもの」へと意識が変化していることがうかがえる。

 スポーツへの関与をどのように高めたり増やしたりしていきたいかという質問についても、「実施する回数・頻度」が65.7%でトップとなった。

 各種のスポーツをどれくらいの回数・頻度で実施しているのかという質問では、「ヨガ・エアロビ」が月平均4.6回で1位に。「陸上・ジョギング」が同4.52回と小差で2位になった。3位は「水泳」(同2.95回)だった。

 スポーツ実施の月平均費用は、「ゴルフ」が1万6744円で1位。2位は「スキー・スノボ」の1万6434円。実施回数1位の「ヨガ・エアロビ」は、実施費用では5928円で4位。回数が少なくとも1回当たりの用具やプレー費用がかさむスポーツが上位を占めた。

2007/02 産経Web
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/trend/070214/trd070214001.htm

|

« 「もしもの離婚」女性の4割が備えあり | Main | “オトナの女”は義理チョコなんかに頼らない? »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.