« ビデオゲーム機所有家庭、2年で18.5%増―米調査 | Main | 家族だんらん 関西人は“食”重視 ライオン調査 »

Wednesday, March 07, 2007

98%がクーポン利用を経験、入手経路は「チラシ/DM」「フリーペーパー」

98%がクーポン利用を経験、入手経路は「チラシ/DM」「フリーペーパー」

2007年3月6日

インフォプラントは3月6日、NTTドコモの「iモード」ユーザーを対象に、クーポンについてアンケート調査した結果を発表した。それによると全体の98.4%はクーポンや割引券を利用した経験がある。入手経路は「チラシやダイレクトメ-ルから」という回答が72.9%で最も多く、「フリーペーパーから」が68.2%とこれに次いだ。

「携帯電話向けインターネット・サービスから」(65.8%)、「店頭レジから」(60.8%)といった回答も多く挙がった。また男性に比べ女性の方が、これらの経路からクーポンを入手する割合が高かった。

普段クーポンを持ち歩いている人は全体の70.3%。枚数は「1、2枚」という回答が57.2%で、以下「3、4枚」は25.7%、「5、6枚」は8.1%だった。普段から7枚以上持ち歩くという人も9.1%いた。男性に比べ女性の方が多くのクーポンを持ち歩く傾向があった。

携帯電話に電子クーポンを保存しているかという質問に対しては、「している」という回答は56.2%、「していない」は43.9%だった。保存しているという人に枚数を聞くと、「1枚」が36.8%で最も多く、「2枚」が32.6%とこれに次いだ。性別による違いはあまり見られなかった。

紙、電子を問わずクーポンの利用状況を尋ねたところ、「利用する時と、捨てる時がまちまち」という回答が52.1%。以下「利用せずに捨てる場合がある」(19.3%)、「たいてい利用している」(16.5%)と続いた。男女とも似た傾向を示した。

調査は2月13日―20日の期間、iモード公式サイト上で実施した。有効回答数は6458。性別の内訳は男性36.0%、女性64.0%。男性は30歳―40歳代が72.5%、女性は20歳―30歳代が84.1%を占める。

http://www.nikkeibp.co.jp/news/life07q1/527400/

|

« ビデオゲーム機所有家庭、2年で18.5%増―米調査 | Main | 家族だんらん 関西人は“食”重視 ライオン調査 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.