« 「ゲームプレイヤーの実数は統計値よりも多い」と米調査会社 | Main | ネットなし家庭29%、最大の理由は「興味がない」―米調査 »

Sunday, March 25, 2007

iPhoneを「買うつもり」なのは18%―米音楽携帯調査

iPhoneを「買うつもり」なのは18%―米音楽携帯調査

音楽携帯ユーザーの間では、価格や所有する端末への満足度から、iPhoneを実際に「買うつもり」との回答は18%だった。

2007年03月24日

 携帯の音楽プレーヤー機能は利用するが、通信業者のダウンロードサービスはあまり活用していない――オンライン携帯販売の米LetsTalkが3月22日、マルチメディア携帯電話のユーザー400人を対象とした調査報告を発表した。

 報告によると、マルチメディア携帯所有者の63%が、携帯電話で音楽を聴いたことがあると回答。50%以上が20曲以上の楽曲をダウンロードしており、4曲以上をダウンロードした人は89%に上る。多くの人が音楽プレーヤー機能を活用する一方、通信業者が提供するサービスを利用して、楽曲を直接携帯電話にダウンロードした人は14%にとどまった。67%は、CDやインターネットからPCにダウンロードした曲を、携帯電話で聴いているという。

 また、米Appleが発表した「iPhone」への興味についても調査。iPhoneを「買うつもり」とした人は回答者の18%で、「買わない」は52%。「まだ分からない」が31%だった。買わない理由について複数回答で挙げてもらったところ、49%が「価格」を、48%は「現在所有している携帯電話の機能に満足している」、23%が「通信業者を変えたくない」といった理由を挙げた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/24/news002.html

|

« 「ゲームプレイヤーの実数は統計値よりも多い」と米調査会社 | Main | ネットなし家庭29%、最大の理由は「興味がない」―米調査 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.