« 新社会人の9割、たばこ吸わず 会社選びにも考慮? | Main | 実は…夫より妻が乗り気な「クールビズ」 »

Sunday, May 27, 2007

「家庭内禁煙」米で急増、7割に ユタ州では9割も

「家庭内禁煙」米で急増、7割に ユタ州では9割も

 米疾病対策センター(CDC)は24日、米国で「家庭内禁煙」を実行する世帯が急速に増えており、最新統計では調査対象家庭の約72%に上ったとの報告を明らかにした。31日の「世界禁煙デー」を前に発表した。

 2003年に約12万7000世帯を対象に行った調査の報告によると、1992~93年の調査で約43%だった禁煙家庭の割合は98~99年に約60%、03年には約72%と大幅に増加した。

 全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)のうち、禁煙家庭の割合が最も多かったのは西部ユタ州で約89%。同州には喫煙などを戒める末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)の信者が多く住んでいるとされ、禁煙家庭の多さにつながったとみられる。

 逆に割合が最も低かったのは南部ケンタッキー州で、ユタより30ポイント以上低い約53%。それでも1992~93年当時(約26%)と比べると、約10年で禁煙家庭は2倍に増えた。(共同)

2007/05/25  産経Web
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070525/knk070525000.htm

|

« 新社会人の9割、たばこ吸わず 会社選びにも考慮? | Main | 実は…夫より妻が乗り気な「クールビズ」 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.