« 男性の喫煙率減少 平成17年39.3% | Main | 新築一戸建て購入者「遮音に不安」 経産省調査 »

Saturday, May 19, 2007

「看護師やめたい」44% 国立大病院職員組合が調査

「看護師やめたい」44% 国立大病院職員組合が調査

 国立大学病院の看護師の44%が「仕事を辞めたい」と思っている――。
全国大学高専教職員組合は17日、国立大病院看護師の勤務実態についてのアンケート結果を発表した。看護師不足が叫ばれる中、体制が整っているとされる大病院でも厳しい環境であることがうかがえる。

 全国25の国立大学病院看護師(約1万4000人)を対象に昨年10月、実施。5410人から回答を得た。過去半年に退職を「いつも」「しばしば」考えた人は計44%。一方で「考えたことがない」のは11%にとどまった。

 勤務状況では、1日3交代の勤務で、勤務と勤務の間隔が8時間しかない「日勤―深夜勤」が月3~4回あると答えたのは36%。有給休暇を年11日以上取得できたのは、00年調査の22%から13%に低下。月40時間以上残業している看護師の割合も13%から16%に増えた。

 また、「十分な看護ができていない」と51%が考えていた。その理由として「仕事が過密」などを挙げる人が多かった。

ASAHI com
http://www.asahi.com/life/update/0518/TKY200705180239.html

|

« 男性の喫煙率減少 平成17年39.3% | Main | 新築一戸建て購入者「遮音に不安」 経産省調査 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.