« “理想の社長”はイチローとたけし…新入社員の意識調査 | Main | 「食育」認知度アップも、実践は… 内閣府調査 »

Friday, May 11, 2007

ネットと携帯、利用度に格差―米調査

ネットと携帯、利用度に格差―米調査

現代の生活に不可欠になりつつあるインターネットと携帯電話。しかしその利用レベルには人によりかなりの差があるようだ。

2007年05月08日

 米国人の成人の85%はインターネットまたは携帯電話(多くの場合は両方)を利用し、その大半がブロードバンド接続に加入、デジタルカメラやビデオゲームを所有している。しかしこれら情報技術をフルに活用し、自己表現の手段として利用している人となると、全体の8%程度にとどまる――非営利団体Pew Research Centerが5月6日、調査結果をまとめた。

 Pewは情報通信技術とのかかわり方で、米国人を10グループに分類した。

 「Omnivores」(全体の8%)は情報ツールとサービスをふんだんに活用し、オンライン上で自己表現をし、Web2.0を使いこなしている。中心は20代半ばから後半の男性。

 「Connectors」(同7%)はフル機能の携帯端末とネットを利用し、情報技術によるほかの人々とのつながりを大切にしているグループ。

 「Lackluster Veterans」(8%)は、ネットは頻繁に利用するが携帯はあまり使わない。携帯による接続性が生産性を向上させると思っていない。初代ネットユーザーが多い。

 「Productivity Enhancers」(8%)情報技術による他人とのつながりを重視、これを仕事に活用、新しいことを学習するのが大好き。

 これら4グループの80%は自宅でブロードバンド接続に加入しており、この数字は全国平均の約2倍だ。

 「Mobile Centrics」(10%)は携帯をフル活用。ネットも使うが頻度は携帯より少なく、人とのつながりを重視。同グループの37%は自宅でブロードバンド接続を利用。アフリカ系アメリカ人が多い。

 「Connected But Hassled」(10%)は技術にかなり投資している(80%が自宅でブロードバンド接続)が、人とつながるのに少々抵抗があり、情報過多に負担を感じている。

 この2グループは情報技術活用レベルでは中間層に属する。

 「Inexperienced Experimenters」(8%)は、もっと経験や知識があれば、使いこなせるグループ。インターネットを最近利用し始めた。自宅でブロードバンドを利用している人はほとんどいない。

 「Light But Satisfied」(15%)は、何らかの情報技術は所有しているものの、日々の生活で中心的役割を果たしていない。現時点の情報技術レベルで満足している。

 「Indifferents」(11%)は、携帯電話やネット環境があっても、めったに活用せず、面倒だと思っている。別になくても困らないと感じている。

 「Off the Network」(15%)は携帯やネット環境を持たない。高齢者に多い。PCやデジタルカメラがなくても、古いもので満足している。

 全体の49%を占めるこれら4グループは、情報技術を所有していない。「Off the Network」以外の3グループの14%だけが、自宅でブロードバンド接続を利用している。

 今回の調査は2006年2月15日から4月6日にかけて、18歳以上の4001人の成人を対象に電話で行われた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/08/news010.html

|

« “理想の社長”はイチローとたけし…新入社員の意識調査 | Main | 「食育」認知度アップも、実践は… 内閣府調査 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.