« Webの利用時間、新聞を超える勢い―米調査 | Main | クレジットカードの利用には「オンラインサービスが重要」63%―米調査 »

Saturday, August 11, 2007

「運転中のメール送信は違法にすべき」89%―米調査

「運転中のメール送信は違法にすべき」89%―米調査

「危険」とみなしながらも、運転中にメッセージ送信をしたことがある人は66%に上っている。

2007年08月09日

 運転中のテキストメッセージや電子メール送信は危険であり、違法とすべきだと考える人は89%に上る――。ボイスメッセージングサービス企業の米Pingerが8月7日、こんな調査報告を発表した。

 調査は、米国の18歳以上の2049人を対象に、Pingerの委託で調査会社の米Harris Interactiveが行った。

 報告によると、運転中のメッセージ・メール送信は危険と認識しながらも、なかなか自粛はできないようだ。メッセージ利用者で自動車を運転する人の66%は、運転中にメッセージやメールを読んだことがあり。57%は、運転中に送信したことがあると回答。「運転中のメッセージ送信」経験者の64%を18~34歳が占める一方、55歳以上は6%。男女差はみられなかった。

 米国では、5月にワシントン州が運転中のテキストメッセージを禁止しており、ニューヨーク州やカリフォルニア州など少なくとも6州が、同様の規制を検討中だという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/09/news013.html

|

« Webの利用時間、新聞を超える勢い―米調査 | Main | クレジットカードの利用には「オンラインサービスが重要」63%―米調査 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.