« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

Thursday, September 27, 2007

友人よりセックスよりネット―米ユーザー調査

友人よりセックスよりネット―米ユーザー調査

オンラインで過ごす時間が増えたために、友人と会う時間やセックスの時間が減ったと答えた米国の成人は20%以上に上った。(ロイター)

2007年09月20日

 ネットサーフィンは多くの米国人にとってなくてはならないものとなっている。米国の成人の大半が、1週間オンラインに接続しないで過ごすことはできないと感じ、3人に1人はWebのために友人やセックスを犠牲にしている。

 「どのくらいの期間Webなしで過ごせるか」と1011人の米国成人に質問したところ、15%は1日以下と答えた。21%は2~3日、19%は3~4日と回答した。

 Webなしで1週間過ごせると答えたのはわずか5人に1人だった。この調査は広告代理店JWTが9月7~11日にオンラインで実施したもの。

 「回答者たちは、Webから引き離された時にどんなに不安で、孤独で、退屈になるかを語った」とJWTのトレンドスポッティングディレクター、アン・マック氏は話す。同氏はテクノロジーが人々の行動に及ぼす変化を調べるためにこの調査を実施した。

 「彼らは(オフラインの時に)世界や友人、家族から切り離されたように感じる」と同氏はReutersに語った。

 9月19日に発表されたこの調査では、携帯電話とインターネットがますます生活において欠かせない部分になっていることが示された。回答者の48%は、インターネットアクセスがないと、大事なものが欠けているような気分になると答えた。

 回答者のうち4分の1以上――28%――は、オンラインで過ごす時間が増えたために、友人と直接会って交流する時間が減ったことを認めた。

 また20%は、オンラインで過ごす時間が増えたためにセックスの時間が減ったと答えた。

 「これなしではやっていけない、と思うデバイスは何か」という質問では、携帯電話を挙げる回答の方がテレビよりも多かったが、インターネットが一番必要なものとされた。

 「インターネットは、セックスや友人との直接の交流、テレビ、新聞、雑誌などのオフライン活動を減らしている。これらの活動のシェアを切り崩している」(マック氏)

 「彼らのパートナーは、こうした状況をあまり喜ばないだろう」

 マック氏は、この調査で明確に見えた傾向として、携帯性へのニーズが高まっていることを挙げた。人々は家庭からのブロードバンドアクセスだけではもう満足できず、iPhoneやBlackBerryのような携帯デバイスを求めている。

 JWTはWPPの子会社で、新技術にどっぷりつかった暮らしをしている人々のための新しい広告カテゴリーを考案してきた。

 「われわれは彼らを『digitivity denizens』と呼んでいる。携帯電話を自分自身の延長と考え、オンラインの生活とオフラインの生活が混ざり合い、いついかなるときもテレビよりWi-Fi接続を選ぶ人々だ」(マック氏)

 「彼らはこのようにコミュニケーションし、楽しみ、生活している」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/20/news028.html


| | Comments (0)

満足度で「シンガポール航空」を上回った航空会社は?

満足度で「シンガポール航空」を上回った航空会社は?

 利用した航空会社についてのアンケートでは、総合的な満足度で「ANA」がトップ、次いで「シンガポール航空」、「日本航空」であることが、リクルートの調査で分かった。各部門別に満足度を問う項目では、ANAは1位を逃しているものの、総合的な満足度が高かったようだ。

 リクルートは9月19日、同社が運営する海外旅行情報サイト「エイビーロード」が行った「エアライン満足度調査2007」の結果を発表した。調査は2006年に海外へ渡航した人を対象に、2996人が回答。インターネットによる調査で、期間は4月20日から4月23日まで。

●客室乗務員の接客態度は「日本航空」が1位

 客室乗務員の接客態度では、1位が「日本航空」4.17ポイント、次いで「シンガポール航空」4.15ポイント、「アシアナ航空」3.95ポイントと、日系やアジア系の航空会社が上位に並んだ。また、航空機の機材や、座席の幅などの設備に対する満足度は、1位が4.05ポイントのエミレーツ航空、機内食に対する満足度は、ベジタリアンや松花堂弁当など、4種類のレパートリーから食事が選べるヴァージンアトランティック航空が、4.03ポイントで1位を獲得した。

 映画、音楽、機内誌など、機内エンターテインメントに関しては、2005年度および2006年度と2年連続で世界最優秀機内エンターテイメント賞を受賞しているエミレーツ航空が4.37ポイントで1位。2位はヴァージンアトランティック航空となった。


[Business Media 誠:2007年09月27日

http://newsflash.nifty.com/news/te/te__itmedia-makoto_20070927077.htm

| | Comments (0)

Wednesday, September 19, 2007

「干物女」恋愛よりも家でゴロゴロ 85%が自覚

「干物女」恋愛よりも家でゴロゴロ 85%が自覚

 仕事は生き生きと頑張るけれど、休日は恋愛よりも家でゴロゴロ…。こんな“干物女”が話題です。では、「あなたは“干物女”の要素が入っている?」とインターネットで尋ねたところ、実に85%の人が「入っている」と回答しました。

 外でパリッと決めているだけに、家にいるときは、みんな楽をしたいと思うもの。服装もジャージーやTシャツ、短パン、トレーナー…と、ラフな格好で、ダラダラ、ゴロゴロとのんびり過ごしているという声がとても多かったようです。

 「干物の要素がみじんもないなんて考えられない」とか「(外と家の)オンとオフの差がはっきりするほど気持ちの切り替えができ、ストレス解消にもなる」という声も。かなり説得力のある意見で、納得です。

 冗談を交え、「干物でなくてすでに薫製」とか「干物を通り越して化石してます」なんて答えもあり、それなりに“干物ライフ”? を楽しんでいるようです。

                   ◇

 この調査は、シティリビングがホームページ上で募り、570人から回答が寄せられました。

産経Web
2007/09/19
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/trend/070919/trd070919000.htm


| | Comments (0)

Friday, September 14, 2007

7月のオンラインビデオ平均視聴時間は3時間―米調査

7月のオンラインビデオ平均視聴時間は3時間―米調査

ネットユーザーの4人に3人はオンラインでビデオを見ており、企業別ビデオ閲覧回数では、またしてもGoogleが首位になった。

2007年09月14日

 調査会社の米comScoreは9月12日、米国における5月の動画配信利用状況の調査結果を発表した。同月の米国市場での動画閲覧回数は約90億回で、ネットユーザーの74.2%に当たる1億3400万人が利用。1人当たりの利用時間は平均3時間で、1回当たりの再生時間は平均2.7分だった。

 閲覧回数を企業別にみると、首位はGoogleで、全体の27%に当たる25億回、うち24億回はYouTubeによるものだった。2位はYahoo!(シェア4.3%)で、以下Fox Interactive Media(同3.3%)、Viacom Digital(同3.1%)と続く。米ネットユーザーの36.7%はYouTube.comでビデオを閲覧しており、1カ月に平均68本、つまり1日2本以上見ていることになる。

ITmda
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/14/news046.html

| | Comments (0)

Thursday, September 13, 2007

オンライン金融、「申し込み途中で放置」が過半数―米調査

オンライン金融、「申し込み途中で放置」が過半数―米調査

オンラインでクレジットカードやローンの申込書に気軽に記入してはみたものの、結局送らずじまいという人が半数にも達することがわかった。

2007年09月12日

 銀行口座、クレジットカード、自動車保険、不動産ローンなど、オンラインで申請可能な金融関連商品はさまざまだが、これら申込書に入力した人々の54%は、送信しないまま放置していることが、comScoreとForrester Researchの調べで明らかになった。報告書は世界200万人以上の行動データをもとに作成された。また両社は金融関連商品の申込書を送信しなかった568人に対し、メールによる調査を実施した。

 申込書の記入を始めたものの送信しなかった人々のうち、49%は最初から送るつもりはなかったと回答。特に預金口座関連では58%と比率が高く、一方クレジットカードは32%とやや低かった。「送信するつもりはなかった」理由としては、「もっと製品情報が欲しい」が23%、「申し込む準備ができていない」が19%、「自分にその商品を申請する資格があるかどうか知りたかった」が14%だった。

 一方、申し込むつもりで記入を始めたものの、結局送らなかった人々はその理由として、「オンラインで申請するのを途中でやめた」が12%、「プライバシーやセキュリティが気になった」が11%、「製品について担当者に説明を聞きたくなった」が11%だった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/12/news009.html

| | Comments (0)

Tuesday, September 11, 2007

単身赴任中の男性サラリーマンの7割超が自炊派-。

≪30代「毎日」28%≫

 単身赴任中の男性サラリーマンの7割超が自炊派-。

 食品メーカーのミツカン(愛知県半田市)が30~50代の単身赴任の男性サラリーマンを対象に実施したアンケート調査でこんな結果が出た。

 調査によると、どれくらいの頻度で料理をするかについては「2~3日に1回」という人が最も多く37・1%、「毎日」と答えた人も33・7%に上った。このうち、50代では毎日作る人が4割を超えており最も多いが、30代でも28・1%と3割近くに及んだ。料理熱心な単身赴任者が世代を超えて多いことが浮き彫りになった。

 自炊すると回答した人のうち、単身赴任がきっかけで料理を始めた人は27・0%だった。

「毎日作る」人によく作る料理を聞いたところ、カレー、野菜炒め、チャーハンなど比較的手軽なメニューが並んだ。

 ≪「面倒だ」5割も≫

 どんなときに料理を作るかについては1位の「時間に余裕のあるとき」(32・2%)と2位の「普段からしている」(31・4%)がほぼ同率で並び、時間さえあれば、料理が日常的になっている生活実態が浮かび上がった。料理作りが「楽しい」と答えた人は全体の4割だが、「面倒だ」と答えた人も全体の5割に達し、意欲的に取り組んでいる人ばかりではないようだ。

 調査を行ったミツカンは「外食だと飲酒も増え、摂取カロリーが高くなるため自炊する人が増えていると考えられる」と分析。また、「中高年だけではなく、30代から健康に対する意識を高く持っていることがうかがえる。メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)や成人病の問題が広く知られる中で、世代を問わない健康志向の高まりが裏付けられた」と話している。

 アンケート調査は、6月末から7月初旬にかけて首都圏、中京圏、近畿圏を中心に30代から50代の単身赴任の男性サラリーマンにインターネットを使って実施、370人が回答した。

IZA
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/cooking/83864/

| | Comments (0)

Sunday, September 09, 2007

仕事中の「カジュアルゲーム比率」、幹部職で高い―米調査

仕事中の「カジュアルゲーム比率」、幹部職で高い―米調査

ホワイトカラーの24%が、仕事中にカジュアルゲームをしたことがあると回答。この比率は、幹部職では35%に上っている。

2007年09月07日

 「ホワイトカラー」の4人に1人は、仕事中に「カジュアルゲーム」をプレイしている――。カジュアルゲームプロバイダーの米PopCap Gamesは9月4日、こんな調査報告を発表した。

 調査対象のホワイトカラー2842人のうち、家庭でカジュアルゲームをプレイしたことがあるのは98%。「仕事中にカジュアルゲームをする」との回答は、24%に上る。仕事中のどのタイミングでゲームをするかについては、「昼休みや休憩中」が61%、「仕事中、ちょっと休みが必要なとき」が52%、「仕事の終わり、リラックスするために」は19%、11%は「仕事を始める前」。「会議中や電話会議中」との回答も14%に上った。また、「1日最低1度は」ゲームをするとの回答は、53%だった。

 仕事中の「ゲーマー比率」は、CEOやCFO(最高財務責任者)など、幹部職にある人々の間では35%で、ほかのホワイトカラーの23%を上回る。ゲームをする時間としては、70%が「仕事中、ちょっと休みが必要なとき」を挙げている。

 ゲームの効果では、84%が「よりリラックスでき、ストレスが減った」と回答。52%は「より自信を持ち、元気になり、生産性が向上する」などと回答している。カジュアルゲーム経験者全員にゲームをする理由を1つ挙げてもらったところ、72%が精神状態の改善を挙げ、「娯楽」を挙げたのは24%だった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/07/news024.html

| | Comments (0)

8割が「気候変動気がかり」―米調査

8割が「気候変動気がかり」―米調査

ガソリン価格、輸入石油への依存も、エネルギーに関連する懸念事項の上位に挙げられている。

2007年08月24日

 米在住者の81%は気候変動を懸念している――米調査会社IDC傘下のEnergy Insightsは8月22日、調査報告書をまとめた。同社が6月、Energy Insights National Residential Online Panelのメンバー498人を対象に、気候変動についてどう思うかの調査を実施したところ、51%は「非常に心配」、30%は「心配」と回答。気候変動についてまったく懸念していないと回答したのは5%のみだった。

 現在米国が直面する最も重要なエネルギー問題を1つだけ挙げるという問いに対しては、最も多かったのがガソリン価格で29%、2位が海外原油への依存で25%、気候変動と答えたのは17%だった。

 気候変動問題への取り組みについて、政府、企業、個人のうち、誰が主導すべきかという問いには、「誰も主導すべきでなく、全員が貢献すべき」が37%、政府という回答が34%で、電力会社や天然ガス会社が主導すべきという回答も3%あった。

 電力会社や天然ガス会社主導を期待する声は少ないものの、そうした企業が何らかの行動を取るべきと考えている人は多い。対策をどの程度講じるべきかを1点から10点で評価するよう問うと、52%が10点と答え、32%が7点、8点、9点とつけた。また60%は、地元の電力・天然ガス会社は、十分な気候変動対策を取っていないと答えた。

 また個人の行動について、気候変動対策のため、過去12カ月間に二酸化炭素排出を抑える努力をしたかという問いには、64%が「努力した」と回答。内容は「暖房や冷房を節約した」が63%、「洗濯をお湯ではなく水にした」が59%、「電球を節電モデルに取り換えた」が52%。また59%は、政府や電力会社による気候変動への取り組みのために、毎月の電気代に1ドル以上上乗せしても構わないと回答した。一方29%は支払いたくないと答えている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/24/news017.html

| | Comments (0)

米国人の5人に1人はインターネット詐欺に遭った経験あり―調査

米国人の5人に1人はインターネット詐欺に遭った経験あり―調査

米国成人の半数以上は、インターネット詐欺についてあまり認識していないようだ。

2007年08月16日

 米Microsoftは8月13日、同社がスポンサーとなり、市場調査会社Harris Interactiveが実施したインターネット詐欺に関する調査結果を発表した。それによると、調査対象者の58%は、現在のオンライン脅威や詐欺についてほとんど、またはまったく知識を持っていないことが明らかになった。調査は今年5月、米国在住でインターネットを利用している、18歳以上の成人2482人を対象に行われた。

 またほぼ5人に1人(17%)が最低でも過去に1度インターネット詐欺に遭った経験があり、うち81%は詐欺だとは思わずにメールを開くなどの自らの行動が原因で詐欺にひっかかってしまったと認めている。

 調査から、男性の方がオンライン詐欺について認識していることが分かった。男性の47%がオンライン詐欺について「非常によく知っている」または「よく知っている」と回答したのに対し、女性では36%にとどまった。しかし、女性よりも男性の方が詐欺の被害に遭っている。オンライン詐欺に一度も引っかかったことがないと回答した女性は69%だが、男性では63%だった。一方、ネット利用のリスクを懸念していると回答した人は男女合わせて71%と1年前よりも増えており、女性は78%、男性は63%と女性の方が多かった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/16/news017.html

| | Comments (0)

仕事中のメールはストレスのもと―英調査

仕事中のメールはストレスのもと―英調査

仕事中に次々送信されてくるメールをチェックするのが苦痛になっている人はかなり多いようだ。

2007年08月16日

 仕事中に絶えず送られてくるメールは、疲れといらいらのもとであり、仕事の生産性を下げる――英グラスゴー大学は8月13日、英国の従業員がメールについてどのように感じているかの調査結果を発表した。

 グラスゴー大学コンピューティング・サイエンス学部のカレン・レノード博士は、ストレスレベルを下げ、自分の健康を守り、メールに支配されているという感覚から逃れるためにも、メールのチェックは1日数回にとどめるべき、とアドバイスしている。

 レノード博士らは、主に学術的分野や創造的な仕事にかかわる177人を対象に、仕事中に受信するメールをどう思うかについて調査した。その結果、34%はメールの数とそれらに迅速に返信しなければならないという義務感をストレスに感じると回答。28%はメールはプレッシャーのもとと思っていると答えた。その日のうちに、または1週間以内に返信できなくても平気でいられる、と答えたのは38%のみだった。

 またPCで作業している人の場合、メールをチェックするために、多いと1時間に30回から40回、アプリケーションを切り替えていることが分かった。調査参加者の約半数は1時間にほぼ1回メールチェックすると答え、35%は15分おきにチェックしていると回答したものの、調査のためにPCにインストールした監視ソフトから得られたデータでは、実際はもっと回数が多いことも判明している。一般に、男性よりも女性の方がメールへの返信をプレッシャーに感じており、多くの人々がメールへの返信義務をストレスと実感しているようだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/16/news016.html

| | Comments (0)

Saturday, September 08, 2007

「生活に不安」69%で最高更新=描けぬ老後の設計図

「生活に不安」69%で最高更新=描けぬ老後の設計図-内閣府調査

9月8日
時事通信

 内閣府が8日発表した「国民生活に関する世論調査」によると、日常生活に「悩みや不安を感じている」人は69.5%で、1981年の調査開始以来2年連続で過去最高を更新した。項目別では、「老後の生活設計」に対する不安が53.7%で最多。政府への要望も「医療.年金改革」が7割強でトップとなるなど、多くの国民が老後に不安を感じている実態が改めて浮き彫りになった。
 調査は7月に全国の成人男女1万人を対象に面接方式で実施。有効回収率は60.9%だった。 

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070908-00000108-jij-pol

国民生活に関する世論調査
http://www8.cao.go.jp/survey/h18/h18-life/index.html

| | Comments (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »