« 携帯メールで新商品開発 コンビニや百貨店、消費者の声を反映 | Main | 職場でのイライラの原因は同僚の「うわさ話」や「無駄メール」 »

Monday, November 12, 2007

在仙3プロ「応援」8割 地域にプラス9割 意識調査

在仙3プロ「応援」8割 地域にプラス9割 意識調査

 仙台を本拠地とするサッカーのJリーグ2部(J2)ベガルタ仙台、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルス、バスケットボールbjリーグの仙台89ERSの3つのプロスポーツチームについて、河北新報社は宮城県民500人を対象に意識調査を実施し、10日に結果をまとめた。8割以上が地元チームのいずれかを応援する意識を持ち、プロスポーツによる地域へのプラス効果も9割以上が実感している。各球団の協力による合同スポーツ教室などイベント開催への期待が大きいことも明らかになった。

 3チームのいずれかを応援したり関心を持ったりしている割合は82.8%に達した。内訳は「イーグルス」が39.2%でトップ。「ベガルタ」は9.0%で、「ベガルタとイーグルス」の両方を応援している人も23.0%を占めた。「全部応援している」も9.4%あった。

 応援する理由は「地元のチームだから」が49.5%とほぼ半数で、「経験はないが、その競技が好き」が16.2%と続いた。

 3チームがそろったことによる地域の変化については、「住民、子どもの楽しみが増えた」(26.8%)「地域を元気づける効果はあった」(21.4%)など、93.4%が肯定的に評価した。

 3チームの協力には計73.2%が期待を寄せた。具体的には「選手、コーチによる合同スポーツ教室」が34.4%と最多で、「3チームの選手のトークショーなどのイベント」(13.0%)と合わせると、半数近くが、選手らが顔をそろえた形での行事を望んでいる。「共通チケットをはじめとするサービス向上」も25.8%が求めた。

 仙台市と3チームの支援組織が連携して4月に発足した「仙台プロスポーツネット」に期待する活動は、「3チームの地域密着強化」が25.4%でトップ。「複数のチームを観戦しやすい環境づくり」(19.2%)「財政的に支援し、球団の経営基盤を強くする」(16.2%)が続いた。「支援は不要」は4.8%だった。

[調査の方法]
 宮城県内の20歳以上を対象に10月27、28日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。男女各250人から回答を得た。

2007年11月10日

http://www.kahoku.co.jp/news/2007/11/20071112t14033.htm

|

« 携帯メールで新商品開発 コンビニや百貨店、消費者の声を反映 | Main | 職場でのイライラの原因は同僚の「うわさ話」や「無駄メール」 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.