« 医療情報、女性は友人や家族よりネットが頼り―米調査 | Main | 職場の人間関係や給料…従業員の7割「不満」 »

Saturday, January 26, 2008

「ネット利用に不安」45%、内閣府世論調査

「ネット利用に不安」45%、内閣府世論調査

内閣府は26日、インターネット上の安全確保に関する初めての世論調査結果を発表した。

 インターネット利用に不安があると答えた人は45・4%と半数近くに上り、個人情報流出などを理由に挙げる人が多かった。

 一方で、出会い系サイトなどの有害サイトに接続できなくする「フィルタリング(選別)機能」について、「全く知らない」と答えた人は62・2%に上った。調査を依頼した警察庁は、「ネット犯罪に対し、安全を確保する部分についての認知度が低いことが分かった。被害防止のため広報・啓発活動に努めたい」としている。

 調査結果によると、インターネット利用で不安に感じるもの(複数回答)としては、「コンピューターウイルス感染による個人情報の流出」が66・5%と最多で、以下、「暗証番号などを無断で他人に利用される不正アクセス」(52・1%)、「ホームページを閲覧するだけで料金を請求されるなどの架空・不当請求」(50・5%)、「コンピューターウイルス感染によるデータの破壊」(47・7%)の順となった。

読売新聞社
2008年01月26日
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20080126-571-OYT1T00485.htm

|

« 医療情報、女性は友人や家族よりネットが頼り―米調査 | Main | 職場の人間関係や給料…従業員の7割「不満」 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.