« DVRの普及で「プライムタイム」が遅くなる―米調査 | Main | 検証:70.8%の人が「公海での捕鯨はやめるべき」? 視点を変えると違いは? 設問はいかがですか? »

Wednesday, February 20, 2008

食品値上がりで「特売日を狙う」、内閣府が消費者意識調査

食品値上がりで「特売日を狙う」、内閣府が消費者意識調査

 内閣府は19日、値上がりが目立つ食品について価格動向や消費者意識を調べた国民生活モニター調査の結果を発表した。値上がりへの対策は「特売日を狙う」との回答が最も多く、「いくつかの店で価格を比較する」が続いた。消費者は食品の値上がりを受けて購入量を減らすのではなく、より安価に買う努力をしていることが浮き彫りになった。

 調査は1月15日から17日にかけて実施。約1400人に店頭で商品の値段を調べてもらうのとともに、購入にあたっての対策などを回答してもらった。

 対象の商品はメーカー別、品目別に27種類。スパゲティの場合、特売日を狙って買うとした消費者は65%を超え、マヨネーズは74.7%に達した。ただ、ガソリンや灯油については特売日といった扱いが少ないため、「価格が安い店を選ぶ」との回答が目立った。

http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3S1901U%2019022008&g=E3&d=20080219

|

« DVRの普及で「プライムタイム」が遅くなる―米調査 | Main | 検証:70.8%の人が「公海での捕鯨はやめるべき」? 視点を変えると違いは? 設問はいかがですか? »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.