« 世論調査結果、面接とネット利用では大きな違い (も?) | Main | 機能より料金を安く カカクコム携帯電話意識調査 »

Saturday, May 03, 2008

「メタボ」の意味「知っている」87%…政府の目標突破

「メタボ」の意味「知っている」87%…政府の目標突破

 内閣府は3日、「食育に関する意識調査」の結果を発表した。

 「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)について、意味まで知っていた人の割合は87・6%で、2007年3月の前回調査から10・3ポイント増加し、政府が06年に策定した食育推進基本計画で、8割以上に周知するという数値目標を初めて上回った。

 調査は、全国の成人男女3000人を対象に2~3月に実施し、1745人から回答を得た。有効回収率は58・2%だった。

 認知度アップの背景には、健康志向の高まりや4月から40~74歳を対象とする「特定健診・保健指導」(メタボ健診)制度がスタートしたことなどがあると見られる。ただ、メタボリックシンドロームの予防・改善のための食事や運動について、「半年以上継続している」と回答した人は30・3%にとどまった。

 食生活に関する悩みや不安感じている人は44・3%で、不安の内訳は「食品の安全性」が81・0%と最も高く、続いて「家族の健康」50・7%、「自分の健康」46・4%の順だった。

 また、地域や家庭で受け継がれてきた料理や味について、「伝えたいものがあり、実際に伝えている」とした人は34・6%で、「伝えたいものがあるが、実際に伝えていない」という人が33・2%いた。

2008年5月3日
読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080503-OYT1T00398.htm

|

« 世論調査結果、面接とネット利用では大きな違い (も?) | Main | 機能より料金を安く カカクコム携帯電話意識調査 »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.