« <環境行動>日本は11位…外食多く、車は1人乗り 米協会 | Main | 出掛けるときは「財布よりも携帯」38% »

Saturday, May 17, 2008

「消費期限」の意味、ご存知ですか? 過半数が誤解

「消費期限」の意味、ご存知ですか? 過半数が誤解

2008年05月18日

 食品の「消費期限」は傷みやすい食品に使われ、「賞味期限」はおいしく食べられる期限を示すが、過半数の人が正しく理解していないことが内閣府の「国民生活選好度調査」で分かった。国が検討している食品表示の見直しを後押しする材料になりそうだ。

 今年2~3月、無作為抽出した15~80歳の男女を対象に調べ、4164人が答えた。

 消費期限で正答の「定められた保存方法で安全性を欠く恐れがない」を選んだ人は34%。賞味期限で正答の「定められた保存方法で品質を保つことができる」を選んだ人も46%にとどまった。表示された期限について、「開封・未開封に関係ない」と誤解していた人も30%前後ずついた。

 消費期限は、製造日を含め5日程度で急速に劣化する食品が対象。賞味期限は比較的日持ちする食品に付けられる。国民生活審議会(首相の諮問機関)は4月、国に、食品の期限表示を安全性を重視する「消費期限」を中心に見直すよう提案している。

 審議会総合企画部会委員を務めた角田真理子・明治学院大准教授は「一連の偽装問題で期限表示があれだけ話題になったのに、理解が進んでいないことを示す結果だ。安全な期限とおいしい期限との違いを誤解しない表示に変更した方がいい」と話す。

http://www.asahi.com/life/update/0517/TKY200805170237.html

|

« <環境行動>日本は11位…外食多く、車は1人乗り 米協会 | Main | 出掛けるときは「財布よりも携帯」38% »

調査・データ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.